自作PCの作り方
自分でパソコンを作ってみたいが知識が無い・・・そんな人の為のサイトです
スポンサードリンク

D-Sub 15ピン

D-Sub 15ピンとは、主にパソコンの画面の出力に用いられるインタフェースのことです。ほとんどのデスクトップPCがこの出力インタフェースに対応していて、ほとんどのモニターも対応しています。よくPCの背面にある青いあのコネクタがそうです。

とても有名なインタフェースで、ノートPCなどでも外部出力用としてD-Sub15ピンを備えているPCがほとんどです。現在は、デジタルインタフェースであるDVI端子とシェアを2分していますが、PCの描画出力の面ではさほど変わらないというのが管理人の感想です。

■マザーボードに搭載されているD-SUB


D-SUB15ピン

■ノートPCの外部出力用D-SUB


ノートPCD-SUB

■パソコンの背面とD-SUBケーブル


D-SUB

今話題のパソコンブログはこちら!→
カテゴリー:インタフェース
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク用バナー
自作PCの作り方
ページビューランキング
This website is powered by Movable Type 3.2