自作PCの作り方
自分でパソコンを作ってみたいが知識が無い・・・そんな人の為のサイトです
スポンサードリンク

どっちがいい?AMDとINTEL

自作PCを作ろう!という動機のほとんどは価格と性能・機能のバランスに納得がいかなかった時だと思います。一度自作PCのトータル価格を調べてしまうと、なかなか既製品には戻れない方もいるのではないでしょうか。

自作PCでも既製品でもそうですが、構成するパーツ(CPU・メモリ・HDD・ビデオカード)などによって微妙に体感速度が変わってきます。この差はベンチマークソフトなどで測ってみると良くわかります。しかしこの中でゲームや表計算ソフトなど、あらゆる用途での実行速度に影響するのがCPUです。このCPUの動作周波数などによって、PCの速度は変わってきます。

現在CPUを製造しているメーカーには、AMDとIMTELという2大メーカーがあります。この2つのメーカーは互いにライバル関係にあり、毎年競うようにして高速なCPUを生み出しています。2社のCPUは互いに互換性がなく、INTELのCPUを使えるマザーボードではAMDのCPUが使えず、AMDのCPUを使えるマザーボードではINTELのCPUが使えない、というのが現状です。つまり自作PCでは、CPUをAMDかINTELか選ぶときには、マザーボードもCPUにあわせて選ぶことになります。

AMDとINTELのCPUを一概に性能面で比較することはできませんが、浮動小数点演算(3Dゲームなどの速度に影響する計算)ではAMDの方が若干優れているようです。INTELの方は整数演算が若干優れており、表計算などのビジネスユースでも安定した性能を発揮してくれます。

同じ動作周波数・コア数では若干AMDの方が安価です。このためコストパフォーマンス重視の方にはAMDのCPUが好まれているようです。

実際に自作PCを作った人が周りにいたら、自作PCの作り方とともにオススメCPUについても聞いてみましょう。

今話題のパソコンブログはこちら!→
カテゴリー:自作
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク用バナー
自作PCの作り方
ページビューランキング
This website is powered by Movable Type 3.2