自作PCの作り方
自分でパソコンを作ってみたいが知識が無い・・・そんな人の為のサイトです
スポンサードリンク

自作PCパーツ選び CPU編

CPUのメーカーにはAMDとINTELの二つのブランドがあることは前述しました。思いっきり雑に言ってしまうと、AMDの方はゲーム向け、INTELはオールラウンダーという区分けができます。でも差はわずかなもの(ベンチマークテストの数値を見なければわからないぐらい)なので、自作PCの作り方においての重要な違いは、導入のしやすさにあるかと思います。

といってもパーツをくみ上げていく過程ではAMDもINTELもたいした違いはありません。マザーボードにCPUを挿して、(必要ならシリコングリスを塗って)ヒートシンクとファンを取り付けるだけで終わりです。この辺はAMDもINTELも共通です。そこでここでは、自作PCを作ったあとの細かな差異について紹介してみたいと思います。

自作PCの組み立てを終えて、OSのインストールが終わったら、次はドライバのインストールです。INTELのCPUをずっと使い続けている方はご存じないかもしれませんが、AMDのCPUにはパッチやドライバのインストールが必要なものがあります。これは一部のゲームでデュアルコアに対する最適化や、CPUの省電力機能を使うために必要なもので、この辺がAMDとINTELの一番大きな差異といえるかもしれません。

このため、初心者の方はできればINTELをお勧めしたいところです。なぜならドライバの探し方や設定の仕方などの苦労を味わわなくてすむからです。

なれてきた方は、余ったパーツで安価なAMDのCPUを導入して、一台組んでみるのも良いでしょう。

今話題のパソコンブログはこちら!→
カテゴリー:自作
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク用バナー
自作PCの作り方
ページビューランキング
This website is powered by Movable Type 3.2