自作PCの作り方
自分でパソコンを作ってみたいが知識が無い・・・そんな人の為のサイトです
スポンサードリンク

G41MHUSB3で自作PC

自作PCを作成する上で、最重要となるパーツがマザーボードです。CPUに何を使うか、メモリはどの程度積むのか、グラフィックはオンボードで済ますのかグラフィックボードを挿すのかなどなど、これらの選択肢はマザーボードの選択によって大きく変化してきます。様々な機能が集中している分、トラブルが起きやすいパーツでもあり、信頼性も重要なファクターとなります。何の機能を重要視して、何を省略するかの選択肢も非常に多く、マザーボードの選択は自作PC作成の肝と言って良いでしょう。

台湾のパーツメーカーASUSが立ち上げたマザーボードブランド「ASRock」。このメーカーが提供しているマザーボード「G41MHUSB3」は「安価なのに信頼性が高く使いやすいマザー」とでも言うべき製品で、口コミなどで高い評価を得ています。G41MHUSB3は実売価格5500円?6700円程度で手に入るかなりの廉価でありながら、信頼性の高い日本製コンデンサを採用、プラットフォーム自体がこなれた技術で作られていることも相まって非常に信頼性が高いものとなっています。USBは3.0を搭載、グラフィックもオンボードでGMA X4500を搭載していますので、「コストパフォーマンス重視でそれなりに使える自作PC」をという場合に非常に力を発揮するマザーであると言えるでしょう。

ソケットタイプがLGA775ということで、最新の構成にはなりませんが、手持ちのIntelCPUが使いたいという場合や、コストパフォーマンス重視で自作PCを作りたいときはG41MHUSB3が非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

今話題のパソコンブログはこちら!→
カテゴリー:
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク用バナー
自作PCの作り方
ページビューランキング
This website is powered by Movable Type 3.2