自作PCの作り方
自分でパソコンを作ってみたいが知識が無い・・・そんな人の為のサイトです
スポンサードリンク

自作PC SSD 導入

「SSD」とは「Solid State Drive」の略で、複数の半導体チップを記憶媒体として使用している記憶装置の事を指します。これまで大容量記憶装置の主役であったHDDを一部置き換えるような形でシェアを伸ばしており、価格も下がって来たおかげで、自作PCのパーツとして導入されることが多くなってきました。

SSDのHDDに比べた場合の特徴は、「速度」です。HDDは、高速回転する磁性体円盤にヘッドが接近して特定箇所のデータを読み書きするという方法の関係上、シーク時間、サーチ時間といった物理的になくせない時間がアクセス時間としてかかってしまいます。これに対してSSDは固定の半導体素子から記憶を読み出したり書き込んだりするので、HDDに比べて格段に速い速度でデータの出し入れが可能になります。これを活かして、自作PCでは、OSなどを入れた起動ドライブにSSDを使用して、PCの起動を大幅に早くするという利用をしているのがよく見られるようになりました。

それでも以前は容量の割に価格が高く、一部の自作PC好きが趣味の領域で導入していただけだったのですが、現在では64GBのもので1万円程度まで下がってきており、起動ドライブとして導入するには充分なレベルになってきています。今後もこの傾向は進行すると見られ、自作PCに限らず、起動ドライブはSSDでデータドライブは大容量HDDというのが一般化するかもしれません。

現在販売されているものはインターフェースもHDDと同じものが使われていますし、システム上の扱いも明確な区別がありませんので、大体の場合は既存のHDDと入れ替えるだけで簡単に導入できるようになっています。ただ、導入のOSインストール時にはBIOS側で認識してくれないなどのトラブルもあり得ますので注意が必要です。

今話題のパソコンブログはこちら!→
カテゴリー:
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク用バナー
自作PCの作り方
ページビューランキング
This website is powered by Movable Type 3.2