自作PCの作り方
自分でパソコンを作ってみたいが知識が無い・・・そんな人の為のサイトです
スポンサードリンク

PCの自作 IntelかAMDか

自作PCを組み立てる上で、最初の大きな選択となるのが「IntelかAMDか」というところでしょう。安定・堅実のIntelももちろん良いチョイスなのですが、コストパフォーマンスという点ではAMDも魅力的なチョイスです。

IntelCPUとチップセットの特徴は、何と言ってもそのフラッグシップ的最新・最高性能のラインナップが存在することと、シェアが大きいことでしょう。ここ数年の動向を見ている限り、トップクラスラインナップにおいては、Intelが明らかな差でAMDを抑えており、スペックにこだわりたいという方向では相変わらず有力なチョイスです。

また、シェアの優位も相変わらずですので、「試している人数が多い無難な構成の自作PC」を組みたければ、Intelを選択することになるでしょう。様々なソフトがIntelCPUでチェックされて開発されている以上、安定性という観点から言ってかなり大きなアドバンテージだといえます。

一方、AMDはCPU自体がIntelCPUに比べて意図的に少し廉価に設定されており、コストパフォーマンスを全面に押し出していますし、AMDの設計思想としてAM2?AM3+までCPUチョイスにかなりの融通が効く(ソケットが基本的に上位互換なので、新しい側のソケットは古いCPUをほとんど使える)という点から、「パーツをあちこちすこしずつ変えながら長く使いたい」という人にもってこいでもあります。

自作PCユーザーは、複数台のPCを持っていることも多く、その中でパーツの使い回しが効くというのはAMDならではの利点だと言えます。

統合チップセット性能強化を重視しているのもAMDの特徴で、特にオンボードグラフィックの性能向上は著しいものがありますので、安く自作をしたいというユーザーにぴったりなのがAMDかもしれません。

今話題のパソコンブログはこちら!→
カテゴリー:
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク用バナー
自作PCの作り方
ページビューランキング
This website is powered by Movable Type 3.2