自作PCの作り方
自分でパソコンを作ってみたいが知識が無い・・・そんな人の為のサイトです
スポンサードリンク

自作PC いくら

現在、自作PCはいくらぐらいで作成できるものなのでしょうか。もちろん、個々人の構成によって価格が大きく変動するのが自作PCですので、統一した形で「いくらかかる」ということは出来ません。しかし、ある程度の目安としては、BTOパソコンの価格が参考になるでしょう。組立手間賃などを除けば、現在のショップBTOと自作PCはほとんど差がありませんので、標準的な構成の自作PCがいくらぐらいの物なのか探る手がかりになるのです。

たとえば、現在のミドルクラスに該当するPCとしてAthlonX4、メモリ4GB、HDD500GB、光学ドライブはDVDマルチドライブ、グラフィックはチップセット内蔵のRadeonHD4250、Windows7のみインストールで、キーボードマウス付き、21.5インチHD液晶ディスプレイを付けたとすると、およそ7万円という額になるようです。これは実質パーツ代ですので、自作PCの場合でもほぼ同じ額になります。

もう少し各パーツの質や容量を落として、価格を重視すると5万円ぐらいのラインまで落とすことが可能です。自作PCとBTOの差は、CPU・メモリなど主要なパーツに関して使い回しや手持ちのパーツ活用が効くかどうかですので、この辺の加減でいくら掛かるかがさらに変動してくるでしょう。ただ、現在の実用レベルでPCをつくろうと思えば、いくらかの差はあるものの、大体7万円というのが相場と見て問題ないでしょう。

今話題のパソコンブログはこちら!→
カテゴリー:
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク用バナー
自作PCの作り方
ページビューランキング
This website is powered by Movable Type 3.2