自作PCの作り方
自分でパソコンを作ってみたいが知識が無い・・・そんな人の為のサイトです
スポンサードリンク

自作PC SSD 設定

自作PCでは導入が一般的になってきたSSDですが、システム起動ドライブとして使用するには多少の設定が必要になります。

SSDはHDDに比べてアクセス速度がかなり早く、OS起動ドライブとして使用することでPCの起動を迅速化出来ます。このため自作PCでは起動ドライブにSSD、データドライブにHDDという組み合わせが有力な選択肢となってきていますが、同時にSSDは「書き込み回数の限界」という弱点も抱えていますので、導入の際にはそれを考慮した設定を行う必要があるのです。

まずはシステムインストール時にやっておきたい設定から。自作PCで不可避のOSインストール時は、BIOS側で転送モードをAHCIにしておきましょう。この技術はWindows7から本格的に効果を持ってきた技術で、同時読み出しを用いたりSSDの性質に向いた技術でもあります。転送速度の向上が見込めます。OSを入れてしまってから変更するのは面倒なのでここでやっておきます。

次に行うべき設定とは、簡単にいえば読み込み中心にして、書き込み回数をなるべく減らすということです。これに該当する設定としては、まずシステムの「自動デフラグ」はOFFにしておきます。デフラグはデータの物理的な配置を整理するものですので、書き込み回数を増やすだけで効果がありません。同じ要領で「ドライブのインデックス化」も無意味かつアクセス回数を増やすだけなので外しておきます。

そして、ページファイルもHDD側に作成されるように変更しておきましょう。同じ理由でマイドキュメントもHDDのドライブに変更しておくべきです。出来る限りSSDは「OSを読み出すだけ」のドライブにするのが長持ちさせる秘訣となります。

これらは自作PCを作ってきた人なら馴染みの部分だと思われますので、知ってさえいればすぐに出来るでしょう。

今話題のパソコンブログはこちら!→
カテゴリー:
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
リンク用バナー
自作PCの作り方
ページビューランキング
This website is powered by Movable Type 3.2